Home‎ > ‎学位論文‎ > ‎

卒業論文 Graduation thesis

2017年
Mayu Sakata素粒子実験データ解析における機械学習への応用 PDF
Fuka Izumi
光の空間コヒーレンスと干渉性について PDF


 


 

2016年
Runa Yamaguchi量子光学実験のための制御計測システムの構築
Kentaro Ishikawa量子偏光測定における系統的誤差の研究
Daishin Miyazonoレーザー光共振器の開発
Kouta Watakabe自発共鳴型光蓄積共振器の開発

2015年
Masayuki Nakano
偏光状態の量子推定
Ryota Kawai光てこを用いた光共振器の周波数応答の測定
Yurika Takino紫外レーザーを用いた飛跡検出器の性能評価

2014年
Miki Ozawa ガス電子増幅器(GEM)を用いた飛跡検出器(TPC)の開発
Mayu Miyamoto 測定の強さ可変測定における光学素子の影響

2013年
Katushi Kinugasa 電磁気の講義で使用する視覚教材の作成
Tomohiko Kawaguchi 国際リニアコライダーのための飛跡検出器(TPC)の開発
Nana Kawabata WebCTを用いた電磁気学の問題解析
Ryuji Kinoshita 非局所量子相関を持った光子対の生成

2012年
Akira Shahana 弱測定のための偏光状態の生成
Atsushi Tanoue ATP検出における固定した酵素の活性についての研究

2011年
Yuuki Uesugi 単結晶を利用した複合標的による陽電子生成実験
Tomonori Okazaki Sagnac干渉計を用いた偏光の弱い量子測定
Chisayo Shirota 高輝度X・ガンマ線源のためのレーザー蓄積共振器の開発

2010年
Shin-ichi Kawada 結晶‐非結晶複合標的を用いた高強度陽電子源の開発
Ryuta Tanaka 固定化した酵素によるATP検出の数値的解析
Yutaro Suzuki 干渉計を用いた偏光の弱い量子測定

2009年
Eriko Takahama 固定化ルシフェラーゼによるルシフェリン・ルシフェラーゼ反応速度の研究
Shunsuke Nakamura スパークチェンバーによる宇宙線の検出

2008年
Tomoya Akagi レーザーコンプトン散乱を用いた偏極陽電子源のための光共振器の開発
Shuji Nagata バイオセンサーによるATP感度向上の可能性
Nozomi Maeda photon-colliderのための光共振器の概念設計

2007年
Yasuaki Ushio バイオセンサー-APD結合系におけるATP検出感度向上
Chie Kira 高加速度場における電磁輻射の研究
Hiroyuki Tanaka チャネリング放射を用いた電子線モニタリングシステムの研究

2006年
Akihiro Adachi ガス増幅型検出器におけるX線検出効率向上の研究
Takaaki Koga 超高速電子ビーム引き出し線の最適化
Yasusi Sagawa 超高速電子周回装置引出し線における電子軌道最適化シミュレーション
Shuhei Miyoshi SBP-ルシフェラーゼによるATP高感度検出

2005年
Norihito Kosugi 意識と記憶の量子論
Masashi Komoda LabVIEWとオシロスコープによる宇宙線測定システムの構築
Kouichirou Sadakane 生物発光によるATPの高感度検出
Yasuyuki Tsutsui REFER引き出し線における電子線のプラスチックシンチレーターによるエネルギー損失の測定
Yuuka Horikawa 微小光共振器の製作と評価

2004年
Keitarou Ueda 超高速電子周回装置の内部標的、および引き出しラインにおけるパラメトリックX線の研究
Koichi Matsumoto チャネリング現象による電子線偏向の研究

2003年
Kazuhiro Terasaki 電磁波検出装置”コヒーラ”の動作原理に関する研究
Shigenobu Ohtsuki 電子周回装置内の電子ビームプロファイルの測定
Akitsugu Kohara 1MeV電子によるX線発生に関する研究
Yoshitaka Nakanishi 暗視カメラと蛍光物質を利用した電子ビームの形状測定
Kenji Hayashi 小型誘導加速器用電磁石の研究
Kazushi Furuya 霧箱による放射線測定法の研究
Yukinari Muta 波長可変半導体レーザーシステムの作製

2002年
Shin-ichiro Kitamura 電子周回装置のビーム電流の時間変化を視野化する装置の製作
Kazuaki Kozawa パラメトリックX線放射測定におけるChanneling放射の効果
Fumihiko Matsumoto 波長可変半導体レーザーシステムの製作
Ken Yamamoto 原子線分光実験のためのレーザー光学システムの設計
Takuo Yoshida ベータトロンを用いた高強度X線発生法に関する研究

2001年
Tetsuya Takaue パルスレーザーを用いたレーザーコンプトン散乱光子数の見積もりとその予備実験

2000年
Daisuke Iseki 相対論的ポジトロニウムの生成と検出について
Hiromu Ozaki シンクロトロン放射光を利用した電子ビームモニターの研究
Masaru Kimura レーザーコンプトン散乱実験における散乱光子のエネルギースペクトラム
およびバックグラウンドリダクション
Takeshi Suetani 大強度原子線発生炉の開発
Kentarou Nakamura レーザー・コンプトン散乱実験における散乱光子発生個数の見積り

1999年
Hirofumi Ebisumoto レーザコンプトン実験の考察
Yasuo Ohtsuka レーザー周波数ドリフト安定化の為のファブリペロー共振器制御システムの開発
Kazuyuki Okamura 原子パリティ非保存効果測定のためのレーザー強度安定化
Noritaka Sakaguchi 電子周回装置(REFER)からの取り出しビームの輸送
Seita Nakagawa コヒーレント電子陽電子対創生実験のシミュレーション
Yuko Hasegawa 対生成のエネルギー依存性
Seiji Matsuno 制動放射強度のエネルギー依存性
Takayuki Watanabe 原子パリティ非保存実験のための光共振器によるレーザー強度増幅の基礎研究

1998年
Yoshinobu Itogawa 電子周回装置の電流モニター
Takehiro Ohnishi 広島大学放射光科学研究センター電子蓄積リングにおける放射線遮蔽の計算
Hiroshi Sadakata インターネットを利用したインタラクティブな教育支援システムの開発
Kazuhide Nanba 携帯型簡易水中ラドン濃度測定装置及び測定法の開発
Takeyoshi Fujii 小型水中ラドン濃度測定装置の開発および装置の評価
Takahiro Fujita 150MeV電子周回装置における電子のふるまいについての研究
Taikai Mise ナノスケールグラファイト端の電子状態の研究
Ryoko Yamazaki マルチアノード光電子増倍管読み出しによるシンチレーションファイバーの性能評価
Masanori Yonedome ヨウ素回転遷移を用いたチタン-サファイアレーザ絶対周波数の較正

1997年
Tetsuo Ogawa 学生実験に適したラドン濃度測定装置の開発
Kouichi Tanaka 電子加速器における放射線遮蔽の計算
Ichiro Nakaso 150MeV電子周回装置の特性の研究
Naotomo Hori 原子線レーザー分光による169Tm超微細遷移のゼーマン分岐
Hiroyoshi Matsuzaki FM側帯波法による色素レーザーの周波数安定化の試み
Toshinori Wakao 非線形コンプトン散乱実験のための高耐久性電子線プロファイルモニターの開発
Minoru Ikeda 大学初年級における物理学実験のための絶対重力加速度測定法-電気計測器の製作
Masahiro Nakayama 大学初年級における物理学実験のための絶対重力加速度測定法-ミラーシステムの作成

1996年
Takehiro Kirihara レーザー・コンプトン実験のための電子線モニター法の研究
Hitoshi Komura 電子ビームの内部標的との衝突による歪み
Nobuko Minamoto ヨウ素回転遷移を用いた色素レーザー波長の決定精度向上
Tomohide Nakamura 電子衝撃による原子線強度モニターの開発
Yasufumi Ohishi レーザーを用いたSiマイクロストリップ検出器の特性測定
Takashi Tanaka 電子冷却型CCD検出器のX線に対する検出効率の測定
Hideyuki Yoshida 地下水中ラドンの測定法

1995年
Atsushi Fukumi SmⅠのパリティ偶・偶準位間のシュタルク誘起E1遷移の測定
Tetsuya Isshiki 大面積Si(Li)検出器の絶対効率とその有感領域
Yasuhiro Nakao 両面マイクロストリップセンサーのγ線照射による暗電流の増加について
Yoshitomo Horiwaki 大学初年級における物理実験のための重力加速度精密測定法
Shin-ichi Nakagawa コンピューターによる色素レーザーの周波数較正
Sadatsugu Uchiyama ベッセルビームの研究

1994年
Hirokazu Kobayashi 光子‐光子衝突実現のための光学技術の開発
Michiaki Kobayashi 71Geの電子捕獲内部制動放射測定による17keVニュートリノの探索
Yusuke Kamei DCMリング色素レーザーの波長絶対値較正
Toshiro Fukudome 17keVニュートリノの探索とゲルマニウム検出器の検出効率
Kiminori Goto シリコンマイクロストリップセンサーの表面構造と放射線体制の研究

1993年
Kazuhiro Nishikawa 小角度領域でのパラメトリックX線放射
Takasumi Nagata 高次反射面からのパラメトリックX線放射
Hideki Tsuruoka 182Taのガンマ線エネルギーの精密測定
Shoji Fukazawa 71Geの電子捕獲内部制動放射による17keVニュートリノの探索
Yoshihisa Ishida 原子線レーザー分光による超微細準位の電場依存性
Kenji Yamashita Smの4f6s7F→6D M1禁止遷移の観測の試み
Kuniyuki Hayashi 両面マイクロストリップ・センサ試作器のガンマ線損傷の研究

1992年
Shuji Nakamura パラメトリックX線放射の強度測定法
Tomoaki Nishitsuru 電子線からの電子対創生における開き角度分布
Akihiro Isobe 電子場からの電子対創生における反眺電子スペクトル
Hideyuki Takamura 169Tm原子線の超微細分岐の磁場依存性
Yojiro Kishimoto 71Geの電子捕獲内部制動放射測定による17keVニュートリノの探索
Shinichiro Ishii 22Na、65Znおよび160Tbのガンマ線エネルギーの精密測定
Ċ
Unknown user,
Mar 15, 2011, 8:16 PM
Ċ
Fuka Izumi,
Feb 24, 2017, 12:08 AM
Ċ
Mayu Sakata,
Feb 23, 2017, 11:57 PM
Comments