Home‎ > ‎Activities‎ > ‎

連続測定による量子結合統計の検証論文がNew Journal of Physicsに掲載される

posted Oct 17, 2012, 1:19 AM by Yutaro Suzuki
鈴木、飯沼、ホフマンによる論文"Violation of Leggett–Garg inequalities in quantum measurements with variable resolution and back-action"がNew Journal of Physicsに掲載されました。
詳細は、New J. Phys. 14 103022 (2012) 参照のこと。
Comments